飲食店の売上を劇的に伸ばすポイントを伝授

お店に合う機種選びが大事

レジスター

製品の特徴を比較

お店で使われているレジは、技術の進化により経営者にとって便利な機能を次々と搭載しています。一方でコストの見直しも図られており、より手頃な価格の製品も揃うようになって来ました。それぞれ一長一短があるので、お店の業態や商品数、顧客の数などに応じて最適な製品を選ぶのが賢い活用法となっています。扱っている商品数がそれほど多くないのであれば、基本的な機能のみを搭載したシンプルなレジが最適です。こうした製品は各メーカーがエントリー機として販売しており、価格が安いという特徴を持ちます。キーの数も最小限に抑えられており、レジを初めて扱う方でもすぐに慣れることができます。規模が大きくない店舗や、導入コストを抑えたい経営者の方におすすめです。商品数が多い小売店ならば、入力時に商品をカテゴリー分けできる製品が適しています。専用のキーが別に用意されており、事前にカテゴリーを登録しておくことで素早い入力が可能になります。同梱されているツールによっては、レシートに店名やメッセージをプリントできるものもあり、サービス向上にも役立ちます。飲食店の場合には、メニューを登録できるキーを備えていると便利です。キーごとにメニューとその価格を設定しておくことで、押すだけでどちらも入力することができ、入力ミスを防いで会計にかかるスピードも早めてくれます。最新のレジでは、製品のタイプを問わず、売上データをメモリーカードで持ち出せる機能も備わっています。持ち出した売上データは、パソコン上の表計算ソフトなどで参照できるので活用の幅も広がります。