飲食店の売上を劇的に伸ばすポイントを伝授

決済の種類と導入方法

クレジットカード

小売業や飲食店業など、日々お客さまと接して収入を得る業種においては、決済できる種類が重要になります。基本的には現金払いが原則ですが、近年は電子マネーの普及や、またクレジットカードが持ちやすくなったことから、さまざまな決済方法に対応していることが、サービスにも繋がります。一方でこれらの決済方法を導入するにもいくつかの方法があります。クレジットカード決済の場合にはカード会社と直接契約を結ぶ方法と決済代行会社と契約を結ぶ方法があります。カード会社と契約を結ぶ場合には厳しい審査があるため、どのような業者であっても利用できるわけではないので注意が必要です。以前のクレジットカード決済といえば、直接契約しか手段がありませんでしたから、クレジットカード決済に対応しているお店は非常に少ないものでしたが、決済代行会社の登場によって、審査のハードルが低くなり多くの業者で導入することが可能になっています。決済代行会社を使うメリットとしては、1つのブランドではなく複数のブランドの決済を1つの契約で行えるということです。またクレジットカード決済だけでなく電子マネーにも対応しており、1つの決済代行会社で多様な決済を行うことが可能になります。基本的な導入までの流れは申し込み、審査、システムの導入・開発、サービス開始の4つです。システムの導入・開発はポスレジなどに決済システムを組み込んだり、またインターネット通信販売であれば安全に入力できるフォームの作成などを行います。