飲食店の売上を劇的に伸ばすポイントを伝授

決済の種類と導入方法

クレジットカード

小売店や飲食業などの業種では日々お客様から直接、決済を受けて収入とするものです。現金決済が基本ですが、近年はクレジットカード決済や電子マネー決済を導入するところも増えています。これは決済代行会社が登場し、決済システムの導入が容易になったことが影響しています。

繁盛店の秘密

店舗

営業時間の工夫

飲食店の形態は様々で、営業時間ひとつをとっても大きな開きがあります。加えて同じ営業時間で似たようなメニューを扱う飲食店であっても、立地により客層も異なるのです。隣の店舗が行っているからと同じサービスをしてもあまり目立たないでしょう。自店の売上動向に合わせたサービスを提供することが増収のコツなのです。例えばランチタイムの客数が著しく低い飲食店があったとします。飲食店を開けていれば、客がいない状態であっても照明や空調をつけておかなければなりません。アルバイトを雇っていれば時給も発生します。得られる売上が少ないと、その間に発生している費用がまかなえない可能性があるのです。思い切ってランチタイムの営業をやめ、ディナータイムでの売上アップを検討した方が最終的な利益は大きくなると考えられます。閑散とした店内では客も入りづらいのです。その代わりディナータイムの営業では早く席が埋まるように、入店時間の早かったグループにはドリンクをサービスするなどの工夫をしましょう。さらに来店客の回転を早めることで売上アップが見込めます。常に座席が満席で、新たな来店客を断ってしまうのはもったいないのです。しかし飲食店では休憩も兼ねてゆっくり食事をしたいと思っている人もいます。追い出すような態度は厳禁です。先に「多くのお客様に味わっていただくためにお席は時間制となります」と伝えておけば、不快な気持ちにさせることもないのです。

お店に合う機種選びが大事

レジスター

小売店などの会計に欠かせないレジは、備えている機能によって使い方も変わってきます。扱っている商品数が少ないのであればシンプルな製品を、多い場合には登録キーが揃った製品を選ぶと便利です。売上データを活用したいなら、メモリーカードへの書き出し機能を持つ製品がおすすめです。

専門店街も覗いてみる

食器

業務用食器は、店舗の特性を生かして選択する事ができ、インターネット販売を利用する事も可能となっています。業務用食器を取り扱うのは、地域によって専門店街なども存在していますので、値段交渉が可能な店舗を利用する事もできます。